保育所の数が不足している?
保育所の数が不足している?
需給バランスの状況

それでは引き続き、保育園や保育所を取り巻いている問題について、特に需給バランスの部分に注目して紹介します。保育園や保育所の数は着実に増加している状況にある、というのはすでに紹介したとおりですが、これは全国を一律でみた時の情報であり、個別の地域について見ているものではない、というのが重要な要素となっています。つまり、「特に待機児童が多く、子どもを預ける必要がある地域」において、重点的に保育園や保育所が増えているわけではない、というのが問題となっているとういことです。特に東京都やその周辺のベッドタウンとよばれるような場所において待機児童の問題が残っているのは、これらの地域だけをスポットした時、どうしても需給バランスが足りていない状況にある、ということなのです。

つまり、この待機児童の問題というのは、元を正すのであれば、日本に於ける異様な一極集中状況になっていることが問題の1つとなっているということです。仕事の関係もあり東京都から離れる事ができない状態になっている家庭が多いことから、地方において保育園や保育所が増えたとしても、東京都内における待機児童数には大きな影響を及ぼすことができず、対応することができていないのです。






保育所の環境
増えている保育施設
需給バランスの状況
土地などにも問題
リンク集
サイトマップ
 Copyrightc2017 保育所の数が不足している?All Rights Reserved.