保育所の数が不足している?
保育所の数が不足している?
保育所の環境

ここ数年、「待機児童」という問題が取り沙汰されることが多くなっているのは、多くの人がご存知のことなのではないでしょうか。この待機児童というのは、要するに保育園や保育所などに子供を預けたいと思っているものの、施設の不足などの原因によって預ける事ができない、という現象のことを言います。昨今では共働きの世帯もおおく、父親も母親も日中は家庭にいられないということが少なくありません。そういった時に、預ける事ができる施設が近くになければ、仕事に対して大きな影響が出てしまう可能性が十分に考えられます。それでは、何故このような待機児童の問題が発生してしまっているのでしょうか。

この待機児童問題の大きな根幹にあるのは、やはり保育園や保育所、そしてその場所で働く保育士が不足しているという状況にあります。しかし、それでは保育園や保育所自体が増加していないのか、というと実はそうではありません。ここ数年、特に2,3年の保育所数というのは、着実に増加しており、これまでは横ばいだったのが大幅に拡大するようになっている、というのは事実です。しかし、それでも不足しているという状況の背景にあるのは、「働き方」が大幅に変わっていることと、「保育士」の方が不足していることによって十分な機能を持つことができていない、という部分が大きなポイントであるといえるでしょう。昨今ではさまざまな政策や、民間企業による取り組みなども行われていますが、この状況について紹介します。






保育所の環境
増えている保育施設
需給バランスの状況
土地などにも問題
リンク集
サイトマップ
 Copyrightc2017 保育所の数が不足している?All Rights Reserved.